リーズの日本・アジア食材事情

アジア料理

リーズには多くのアジア人学生が留学に来るため、市内には多くの中華系スーパーがあります。特に中心地は大学から徒歩圏内ということもあり、中華系スーパーが集まっています。また、中心地とその周辺のスーパーでも日本食を含めたアジア食材コーナーがあるので、必要な食材の種類に応じてスーパーを使い分けると便利です。

ただ残念なことに、リーズ中心地には日系のスーパーはありません。そのため、中心地で日本食を手に入れるには中華スーパーと英系スーパーに通いつつ、オンラインで調達していく感じになります。最近、Japan Northという日本食材店が開店したようなので、機会があったら使ってみたいと思います。あと、Amazonでも物によっては安価に買える日本食材もあるので、定期的に買うお米のような食材はAmazonもお得になる場合があります。

オンラインショップ

SUSHISUSHI.co.uk
WASO
T.K. Trading
natural natural
らいすわいんショップ
JapanCentre
Ichiba
Wasabi Company
Japan North
Amazon.co.uk

オリエンタルマーケット(中華・アジア系スーパー)

Taste The Orient(117-119 Vicar Ln, Leeds LS1 6PJ)
こちらはよりリーズ 駅側に近く、John Lewisなどのある高級デパート街に近い中華系スーパー。中心地の中では比較的大きいスーパーで、このスーパーの周辺には他にも大小いくつかの中華・アジア系スーパーが軒を連ねています。ここは、入るのを一瞬ひるみそうな少し暗めの店内に、所狭しと様々な商品が並べられています。あまりにも種類が多すぎて、初めて行った時は気後れしてしまい、あまり買い物ができませんでした。その後も来店する際は、買い物リストを片手に写真を確認しつつ商品を探しています。種類はどれも豊富で、麺類は5mほどの壁一面に様々な種類の麺・インスタント麺がずらっと並んでいます。冷凍食品も大量の冷凍ケースが並べられています。調味料も、日本の調味料を含めサイズが豊富で価格もお手頃なものが多いです。種類を求めるようであれば、ここがおすすめです。

Taste The Orient – University Store(20-24 Woodhouse Ln., Woodhouse, Leeds LS2 9HD)
こちらは上の中華系スーパーの大学横にある店舗です。2021年に開店し、アジア系学生にとっては中心地まで行かずに食材が揃う、非常に便利なリッチです。入り口は狭いものの、店内は充実の品揃えで基本的な日本の調味料やアジア食材はここで揃います。冷凍・冷蔵コーナーにも大きく場所が割かれていて、エリンギ、しめじ、えのきはほぼ毎日、日によっては春菊なども手に入ったりします。ただひとつ残念なことに、この店舗は納豆を売っていません。

Sing-Kee Leeds City Centre(26-28 Woodhouse Lane Leeds LS2 8LX)
中心地のリーズ大学よりの場所にある中華系スーパー。店内は決して大きくないが、品揃えはまあまあ。学生が利用する姿が多くみられる。スーパーにフードのテイクアウトも隣接されている。
基本的な調味料、冷凍食品やインスタントラーメン類の品揃えはいいが、全体的な品揃えという意味ではスーパーとコンビニの間くらいのイメージ。メインの客層は学生と思われるので、調味料の大きめボトルや大袋などの品揃えは少なめ、野菜類や冷蔵食品の品揃えもそこまで大きくはなく、価格も他店に比べると高い印象。ただ、立地的には中心地の生活雑貨系が多く入ったモール内ということもあり、Morrison’s(英系スーパー)との買い周りができるのも便利。また、店内は他の中華系スーパーに比べると明るく清潔感があり、品揃えも絞られているのでササっと買いたい時は便利。

英系スーパーマーケット

イギリスのスーパーマーケットチェーンも、アジア系の食材の品揃えが充実するようになってきました。店舗によって品揃えは異なりますが、移民が多い地域はその環境を反映した品揃えになるようです。例えば、アズキの水煮缶が売っていたり、瓶詰めのイクラが売っていたり(安くはない)するのを見ると、日本以外の国の人がどんな風にアズキやイクラを食べるのか興味が湧いてきます。

Morrisons – Merrion Centre(43 Merrion Centre, Leeds LS2 8PL)
大学周辺では一番大きいスーパーで、キャンパスからも歩いて10〜15分ほどで行けるため便利です。また、リーズ市街近郊の英系スーパーの中では品揃えに多様性があると思います。日によって違いはするものの、大根(Mooli)や季節によっては栗、また魚類も種類が豊富でマダラの卵(日本のタラコは銀鱈の卵ですが代用できる)などが売っています。Morrisonsの売りが対面カウンターのある鮮魚と精肉のコーナーで、他のスーパーでは見られないタコなども販売していることがあります。

Sainsbury’s – Leeds Headrow Superstore(22-26 The Headrow, Leeds LS1 8EQ)
リーズ中心街にある比較的大きいSainsbury’s。中心街なのでコンパクトですが、Sainbury’s Localに比べると品揃えは断然良いです。アジア食材のセクションは決して大きくはありませんが、ベーシックな品揃えはしてあります。ここで韓国うどんが1パック60pほどで売っており、日本のうどんに似ているので、我が家はここで大量に買ってストックしています。年末年始はアズキ水煮缶が売っていたのですが、今は見かけなくなりました。もしかすると、年末年始〜旧正月までの商品なのかもしれません。また、日によるのですが椎茸を売っていることがあります。

Marks and Spencer – Leeds(2-9 Ludgate Hill, Leeds LS1 6HF)
中心地のど真ん中に位置するデパート、Marks and Spencerの地下にもスーパーがあります。中心地では意外にも唯一の高級スーパーです。特にアジア系の食品に強いというわけではないのですが、柿や椎茸、エリンギなどを売っており、少しお高めですが商品のクオリティが良いためオススメのスーパーです。また、自社ブランドの商品の種類が豊富で質も良いため、おみやげや日本に送る気が利いた物を探すのに重宝します。また、日本では少しずつ馴染みが出始めたフランスのピカール(Picard)の冷凍食品も置いてあり、たまに見に行くとテンションがあがります。

Waitrose & Partners – Meanwood(Green Rd, Meanwood, Leeds LS6 4RJ)
リーズ周辺唯一のWaitrose。高級スーパーということもあり、イギリスのチェーンの中でのアジア食材の品揃えは多い方だと思います。客層は90%以上が白人ですが、高所得者層が多く行くチェーンというだけあって、おしゃれ食材としての日本やアジア食材の品揃えが良いようです。ここでは、イクラの瓶詰めが売っていたり、WaitroseのPBの青のりが売っていたりと、エッジが効いています。中心地から近くないのが難点なのですが、お祝い事などの特別な時期に合わせて覗いてみるのもおもしろいかもしれません。(店内にお寿司屋さんが入っていますが、おいしそうには見えない…)

Booths – Ilkley(Leeds Rd, Ilkley LS29 8EE)
こちらはリーズ中心地からは少し遠いのですが、オススメのスーパーです。Boothsはイングランド北部(特に北西部)のみのスーパーマーケットチェーンなのですが、リーズ近郊で唯一のBoothsがIlkleyにあります。価格帯は通常のスーパーより少し高いくらいなのですが、品揃えと商品の質に非常に強いこだわりを持って運営されているため、通常のスーパーでは見たことのない商品を見つけることができます。また、生鮮食品の鮮度と品揃えも素晴らしく、季節によってはイギリスの山菜が売っていたり、水菜のパックを見かけることもあります。また、鮮魚や精肉コーナーも対面販売で新鮮な物を買って、必要に応じて下処理などもお願いできるため便利です。少し遠方なため気軽ではないのですが、チャンスがあればぜひ行ってみてください

カテゴリートップへ

タイトルとURLをコピーしました